株式会社わくわくスタディワールド

平成25年春期試験の合格率

昨日はなかなかサーバにつながらなかったので確認が遅くなったのですが,春試験の合格率などの統計情報が出ましたね。

平成25年度春期情報処理技術者試験(応用情報技術者試験、高度試験)の合格発表について」によると,応用情報技術者試験,高度区分の合格率は,応用情報技術者試験が19.2%,プロジェクトマネージャ試験が12.5%,データベーススペシャリスト試験が16.3%,エンベデッドシステムスペシャリスト試験が17.0%,情報セキュリティスペシャリスト試験が13.1%,システム監査技術者試験が14.1%でした。

ちなみに,応用情報技術者試験の合格率は,過去9回で最低で,はじめて20%を切りました。
午後の難易度は,高かったようにも感じますし,解答が一意に特定しづらい問題が多かったので,苦労した受験生も多かったのではと考えています。
特に,必須の2択問題である問1と問2が難しめだったのが響いているのかな,とは感じています。

次回は,試験制度が少し変わって午後が11問になりますので,ストラテジ系を中心に考えている受験者は,テクノロジ系の勉強を増やす必要がでてきます。
少しずつ,技術が大事という方向に揺り戻しがきているのかな,とも考えています。

あと,プロジェクトマネージャ試験の13.5%,情報セキュリティスペシャリスト試験の13.1%も,平成21年度以降の新試験では最低ですね。

情報セキュリティスペシャリストに関しては,年々技術寄りになってきていて,それに合わせて合格率も下がっているような気がします。
秋からは,午後1が3問中2問になりますので,選択の余地が減り,マネジメント頼りの方はますます受かりにくくなるかもしれません。

今までに比べると合格率が低くなった試験区分が多くなりましたが,きちんと勉強しさえすれば突破できる試験です。
今回の結果にかかわらず,次に向けて進んでいきましょう。